ホーム > 患者さまへ > 目の病気

目の病気

網膜色素変性とは

網膜色素変性症とは、現在のところ「視細胞と網膜色素上皮の機能を原発性、びまん性に傷害する遺伝性かつ進行性の疾患群」と定義されています。
すなわち遺伝子の異常により、若年期に発症し緩徐に進行して、中年ないし老年で高度な視力障害に至る可能性の高い疾患の総称です。

現在までのところ有効な治療法はないものの、なんとか患者の視機能を少しでも改善しようと、九州大学では、遺伝子治療に対する取り組みを行っています。

詳しくは、九州大学眼科学教室のサイトへ

臨床研究への取り組みについて

臨床研究の準備中です。

戻る

このページの先頭へ

患者さまへ医療関係者の皆様へ
重症虚血肢に対する血管新生遺伝子治療臨床研究について血管遺伝子治療の進行状況について研究室のご紹介
おしらせリンク集サイトマップお問い合わせ