ホーム > お知らせ > 論文のご紹介

論文のご紹介

第3世代SIVベクターを用いたサル網膜における長期遺伝子発現、ならびに急性毒性試験に関して

池田康博助教(九大眼科)の「第3世代SIVベクターを用いたサル網膜における長期遺伝子発現、ならびに急性毒性試験」に関する論文2本が、Human Gene Therapy誌(欧州細胞遺伝子治療学会)にacceptされました(2009.3.3および2009.5.5.)。
この2本の論文は、現在厚生科学審議会で審議が開始されている臨床研究プロトコール策定に関わる安全性試験の一貫であり、SIV-hPEDFの網膜下投与時における安全性を詳細に検証した成果です。

Ikeda Y, Yonemitsu Y, Miyazaki M, Kohno RI, Murakami Y, Murata T, Tabata T, Ueda Y, Ono F, Suzuki T, Ageyama N, Terao K, Hasegawa M, Sueishi K, Ishibashi T.
Stable Retinal Gene Expression in Nonhuman Primates via Subretinal Injection of SIVagm-based Lentiviral Vectors.
Hum Gene Ther. 2009 (in press)

Ikeda Y, Yonemitsu Y, Miyazaki M, Kohno RI, Murakami Y, Murata T, Goto Y, Tabata T, Ueda Y, Ono F, Suzuki T, Ageyama N, Terao K, Hasegawa M, Sueishi K, Ishibashi T.
Acute Toxicity Study of a Simian Immunodeficiency Virus-based Lentiviral Vector for Retinal Gene Transfer in Nonhuman Primates.
Hum Gene Ther. 2009 (in press)

Sprouty発現制御による下肢虚血の改善効果に関して

谷口浩司学振特別研究員(九大生医研免疫制御学、同第2外科)の「Sprouty発現制御による下肢虚血の改善効果」に関する論文(共同研究)が、PLoS One誌に掲載されました(2009.5.8.)。

Taniguchi K, Sasaki K, Watari K, Yasukawa H, Imaizumi T, Ayada T, Okamoto F, Ishizaki T, Kato R, Kohno R, Kimura H, Sato Y, Ono M, Yonemitsu Y, Yoshimura A.
Suppression of Sproutys has a therapeutic effect for a mouse model of ischemia by enhancing angiogenesis.
PLoS ONE. 2009;4(5):e5467.

組換えセンダイウイルスベクターのがん免疫療法への応用について

上田泰次准教授(千葉大学遺伝子治療学)の総説論文(組換えセンダイウイルスベクターのがん免疫療法への応用)が、Methods in Molecular Biology誌に掲載されました。

Ueda Y, Hasegawa M, Yonemitsu Y.
Sendai virus for cancer immunotherapy.
Methods Mol Biol. 2009;515:299-308.

お知らせ一覧へ

このページの先頭へ

患者さまへ医療関係者の皆様へ
重症虚血肢に対する血管新生遺伝子治療臨床研究について血管遺伝子治療の進行状況について研究室のご紹介
おしらせリンク集サイトマップお問い合わせ